長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > 大鹿村について

大鹿村について

懐かしい時に憩う大鹿村は南アルプスと伊那山地に囲まれた山峡の郷。

雄大な赤石岳と望む幽谷は、花も木も清らかな水の流れも一つひとつが季節の色を鮮やかに映しています。

谷間に散在する山村の風景は丹念に手の入った箱庭を見るように繊細で美しくどこかに置き忘れたものを見つけたような気分にさせてくれます。

心のベルトを少しゆるめいつもとちがう歩調で・・・・・

大鹿村の旅はかみしめるようにゆっくり、深呼吸するように存分に味わってください。

「日本で最も美しい村」連合に大鹿村は加盟しています

大鹿村は「日本で最も美しい村」連合に加盟し、小さくても輝くオンリーワンを目指して、美しい村づくりを進めています。

加盟町村と協力しながら、自然と人間の営みが長い年月をかけてつくりあげた美しい日本を慈しみ、楽しみ、そして、しっかりと未来に残していく取組みを進めています。

春は3000本の桜、夏はヒラヤマの青いけしの花、秋は標高差の生み出す豪快な紅葉と、山々を真っ白に塗り替える白銀の冬…。四季を通じて美しいこの村は、江戸から伝わる大鹿歌舞伎でも有名です。

▲このページの上へ

※趣味で撮影した写真を公開しております。季節によって変わる自然をお楽しみ下さい。

▲このページの上へ

信州大鹿村

「日本で最も美しい村」連合に大鹿村は加盟しています。

大鹿村は長野県の南部、下伊那郡の北東部に位置し、南北28km東西16kmで総面積は248.35平方km。

その面積の97%は山林原野で占められています。

村の東側は南北にのびる南アルプス連峰、西側は伊那山脈とそれぞれ急峻な山々が互いに近接し、平坦地は非常に少なく農耕地並びに集落は、標高670mから1170mの間の急傾斜地に散在する典型的な山村です。

▲このページの上へ