長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > お山の中ブログ > 大鹿村のお弁当 ろくべん

お山の中ブログ

大鹿村のお弁当 ろくべん 18.4.13

今年も作りましたよ。

ろくべん
9E6A7676.JPG
山塩館のろくべんはこんな感じ。

造る人や家によって中身は多少異なりますが、
古式ゆかしき伝統のろくべんは、諸先輩方から言い伝えられている「中身」があるそうで、
必ず入れなくてはならないものがあります。

諸説はあるようですが、その中で山塩館で守っているお品は

① ちくわ  魚の練り製品は山国の大鹿村では一級の贅沢品だったそうです。
  
② 塩いか  これぞ信州のソウルフード 塩丸いかともいいます。

現代的なインスタント品は決して入れません。
全てが丁寧に作られた手作りのお品が盛り込まれています。

特性のお弁当箱は、大鹿歌舞伎観劇の際には欠かすことのできない特別なお弁当です。

9E6A7679.JPG
9E6A7674.JPG

▲このページの上へ

お山の中ブログ