長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > お山の中ブログ > 春の大鹿歌舞伎

お山の中ブログ

春の大鹿歌舞伎 17.4. 8

5月3日の定期公演にて上演される演目が決まりました。
大鹿歌舞伎 春の定期公演について

今年は、念願の重要無形民俗文化財に指定を受け気合も入りまくっております。

空室状況
5月2日(前日泊) 旧館8畳間 残 僅か  本館10畳間 残2部屋

5月3日(当日泊) 旧館8畳間 残 僅か  本館10畳間 残2部屋

いずれも2名様以上でのご利用をお願い致します。


以下、村のHP情報より抜粋です。

大鹿村に300年以上伝承されている地芝居「大鹿歌舞伎」の定期公演です。

大鹿歌舞伎は、平成29年3月3日に地芝居の分野では日本ではじめて重要無形民俗文化財に指定されました。
これにより大鹿歌舞伎は、名実ともに日本を代表する地芝居となりました。
この重文指定を祝して、今回の定期公演は、「大鹿歌舞伎」重要無形民俗文化財指定記念公演として、
大鹿小学校歌舞伎の出演など特別メニューでお送りします。

▲このページの上へ

お山の中ブログ