長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > お山の中ブログ > 野鳥の渡りが始まりました

お山の中ブログ

野鳥の渡りが始まりました 12.9.12

暑い暑いと言っていても秋が近づいて来ています。

近づくと言うより、既にやってきているの方が正しい表現かもしれません。

村内のあちらこちらで稲刈りが始まり、刈り取った後で見通しが良くなった田んぼには、刈り取りのときにこぼれたお米を啄ばむ小鳥が集まっています。

そして、小鳥や昆虫、小動物を狙い猛禽類なども目にするようになりました。
また、毎年「秋のバロメーター」として観察しているのが、ノビタキという小さな夏鳥。

体重はなんと4グラム程度しかない驚きの軽さ。
軽量のノビタキはススキの穂先に止まっても茎が折れてしまうということはありません。

そんなノビタキが秋の渡りの途中で、ぼちぼちススキ原に現れているのではないかと軽く見回りをしてみると、やはり居ました。

可愛らしい夏羽から、地味な冬羽に換羽したノビタキが例年と変わらぬタイミングで大鹿村へやって来ました。

いつまで暑いの?
キノコはでないの?

なんてヤキモキしていても、確実に一つずつ秋に向かって季節が移ろっている事が、このノビタキから感じ取れました。

今日は見た!と言うだけで写真は写していませんが、今度は写真付きブログで紹介をしたいと思います。

▲このページの上へ

お山の中ブログ