長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > お山の中ブログ > 分杭峠は国道152号線沿いです

お山の中ブログ

分杭峠は国道152号線沿いです 12.9.19

恵みの雨を待っていましたら
早速昨日の夕方より雨降りとなりました。今日も雨が降っています。

今日の夕方の虹(山塩館フロントの窓辺より)
               二重に架かっているのですが分かりますか?
P9191368nizi.jpg

さて、このところ思いついたかのように「分杭峠へ行ってみようかと思うのですが」
とおっしゃるお客様が一日一組の割合でお泊りに来られているような気がします。

当館では、お車移動の手段がなく電車やバスでお出かけ下さる方のために
日時限定ではありますがご相談の上で分杭峠のプランもご用意しております。
このプランを見てマイカーで来られる方も時々プラン利用でのご予約を
頂いてはおりますが、実際大鹿村へお越しになると
マイカーで分杭峠へお出かけになる方がほとんど・・・です。
昨日もその前の日も、プランを利用しようかな~とおっしゃってご予約を下さいましたが
当日も翌日もご自分のお車でお出かけになられました。時間をみて、道の駅へ行ってみたり、寄り道したりとお客様ご本人のペースで楽しまれたそうです。

いつも疑問に思っていたのですが、
どこかで
分杭峠へは車で行けないと言う情報が流れているらしく、
分杭峠は国道沿いにあるのでマイカーでも問題ありませんよと説明をすると
ほとんどの方が「車で行けるんですか!?」と驚かれます・・・

地図を広げて見て頂くとホントだ!と分かって頂けると思うのですが
分杭峠という場所は「国道152号線」沿いにあるのです!
国道とは言っても周辺にコンビニや民家が全くない立地。
峠という名のように郡・市の境にもなる標高約1600M位の山を
通り抜ける道沿いですので、交通の便は良くありません。
(お店はありませんがトイレはあります)

こう言った立地を思えば、マイカーは便利です。
天気の様子を伺いながら雨が降りそうだから帰ろう とか
もう少し居たいと思えば時間を延ばし
もう充分!早くどこかへ移動したいと思えば移動出来る。

分杭峠の目の前への車の乗り付け(つまり目の前への駐車)は出来ませんが、
分杭峠へは行けないと言うのは間違った情報ですのでご安心くださいね。
※障害などお持ちの方は、普段はシャトルバスの乗降所となる一画へのマイカー駐車が
 出来ないことはないそうですので伊那市へご相談されると良いそうです。

尚、分杭峠へは車で行くことが出来ない!という間違った情報が流れるようになって
しまったのには数年前の異常なほどのブームになった時に、問題があったようです。
国道に連なって路上駐車が連日のように続き、国道としての機能が失われました。
道に車を駐車してしまったため、車一台が通れるスペースしかなくなってしまい、
道の往来が全く利かず、大渋滞となったわけです。
この路上駐車が大問題となり「通れない」という情報に換わってしまったようです。
充分、お気を付けください。

あ、この国道は冬季通行止めになります。ご計画はお早めに^^

また、地質などにご興味がございましたら
分杭峠へ進む途中にある北川の路頭を見ることも出来ますので、お時間を作ってお出かけください

▲このページの上へ

お山の中ブログ