長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > お山の中ブログ > 高速代金

お山の中ブログ

高速代金 11.6.18

明日を持って高速代金の上限1000円が終了になりますね。

賛否両論があるようです。
消費拡大に繋がるように講じられた上限制度、果たして真価の程は如何でしたのでしょうか?

一般的には我々のような宿泊業や観光地の消費拡大と言う名目でしたが、私の旅館を見てみますと正に逆効果の駄策であったと言って良いでしょう。

大体、特定曜日に限って格安日を設けるわけですから、当然その前後日は高速道の活用意欲が落ちるわけで、観光地で言えば、日曜日の午後になるとサーッと人が居なくなる現象が何処にでも起きたのではないでしょうか?

明日になれば東京までの高速料金が5000円超え、しかし今日中に帰れば1000円ですから当然お家に帰るわけで、旦那の実家に嫌々帰る嫁さんからすれば、一日でも早くお家に帰る為の、これ以上無い都合の良い言い訳でもあり、反面私達のような宿泊業の人間からすれば、日曜日の宿泊客に困ってしまう結果となりました。

お客様へのデメリットとしては、土曜日に予約が殺到するので土曜・祝前日の宿泊料金が政策施行前と比べ、若干高額になるなどの弊害が有ったことにお気づきでしょうか?
所謂、特定日扱いってことですよ(恐)

この政策って何年続いたんでしたっけ?
施行当初は日曜日にはお泊り客が・・・・・という状況が多々ありましたが、最近ではこの割引制度も大分浸透して、何が何でも日曜日に帰る!と言う雰囲気も少なくなってきたように思えるのですが、明日以降、施行前の状態に戻った時にお客様の旅行動向はどの様に変わるのでしょうかね。

以前のように、政策に振回される事無くご自身のペースで旅を楽しむようになって頂けると嬉しいですし、ここ大鹿村は魅力満載の村!
一泊ではちと忙しい・・・・。
時間が許されるのであれば、2泊3泊とゆっくりして頂けると新しい大鹿村の魅力に気付いてしまうかも?
そして、そうなったら大鹿村ファンになってしまうかも??

商売に都合良く言っているのではなく、そんな人もたま~に見かけますよ。

▲このページの上へ

お山の中ブログ