長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > お山の中ブログ > どくだみは嫌われる?

お山の中ブログ

どくだみは嫌われる? 10.7. 2

今年の5月31日のブログ「苦い思い出が周りに 」をご覧下さった方は
昨日の若旦那のブログを見て笑ったはず・・・

やはり「どくだみの天麩羅」のことを覚えていたのだな!?と。

この天麩羅は、誤解されるといけないのですが
花が咲く前の新芽の状態を摘んで天麩羅にするのですが
新芽であろうと、可憐な白い花であろうと・・・臭います(涙)

どーしてこんなに臭いのか!と疑問に思っていたのですが
先日、ドラックストアで芳香剤や消臭剤を見ていて
なんとなく納得してしまいました。

ドラックストアには今、様々な消臭・芳香剤が並んでします。
そして売り手側の広告には
「臭いが気になる梅雨の季節となりました」と書かれていました。

その日、某新聞の記事にこのようなことが載っていたのです。
どくだみについて。
「玄関やトイレなど、臭いの気になる場所へ
切り花として飾ると消臭効果があります」

なるほど!!
湿気っぽく臭いが気になる季節に咲く花は
こんな自然の役割を果たしてくれるんだ・・・。
ドクダミって、すごいんですね。

え?
解釈が間違ってます???
でも、ドクダミは可愛い花なので飾っておいても良いですよね。

▲このページの上へ

お山の中ブログ