長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > お山の中ブログ > アケビの花

お山の中ブログ

アケビの花 10.5.17

今日の記事の前に一言お礼を・・・・。

先日の『行者ニンニク』が根こそぎ獲られてしまったという記事を
見ていただきました数人の方から、励ましのメールを頂戴しました。

あまりに悲しい出来事に感情を押さえきれず、思いのまま書いてしまった
あの日の記事。

大鹿村に来る人は良い人ばかりだと思っていたがそんなにひどい事が
あったとは驚きです。と言ったメールも頂きとても有難く思いました。

大鹿村に来る方は皆良い人!
この様なイメージを持っていただいている事がとてもうれしかったです。
これからもガンバロー!
そんな気持ちになれました!!

他にも幾つかの優しいお心遣いのお言葉を頂戴しました事、
この場をお借りしましてお礼を申し上げます。
皆さま有難うございました。

さてさて・・・・。
今日はこの花。
akebiIMG_1596.jpg
これは『アケビ』の花。
アケビは説明するまでもなく皆さんご存知のあれです。
玄関先の石掛けにあるアケビが毎年この時期に花を咲かせて
いるのですが、皆さんは意外と気がつきません。

お帰りのお見送りの際、

アケビの花が咲いていますよ~と教えて差し上げると

『珍しい~ アケビの花だって~ こんなに可愛い花が咲くんだぁ~』

初めて見たとおっしゃられる方が多く、花が咲いていることを教えた
私も少し自慢げになります(笑)

実は、玄関先の石掛けには2種類のアケビがあり、写真のアケビは
山の自生物。
そしてもう一つは、若女将が園芸屋さんから買ってきたもの。

自生の花は少し紫がかった色をしていますが園芸のは真っ白な花が
咲きます。
そして、秋になると分かるのですが花の色がそのままアケビの
皮の部分になるので、自生のアケビはよく絵に描かれているような
そのままのアケビとなり、園芸のアケビはプリンスメロンのように
少しだけ緑の混じった白いアケビの実(皮)となります。

皆さんがモイデ食べる?吸付く?あまーい種の部分は同じように
なりますし、つまみ食いをしても自生、園芸とも同じように甘いです。

もう一週間位は花が咲いていると思いますので、お立ち寄りの際には
是非とも可愛いアケビの花を見ていってください。


 

▲このページの上へ

お山の中ブログ