長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > お山の中ブログ > 野の花も沢山咲いてます

お山の中ブログ

野の花も沢山咲いてます 10.5.11

久々に接写用でマクロ専用のカメラを使い
ちぃーちゃな花を写しました。

カキドオシ(垣通し)
kakidoosiDSCN4952.jpg
5ミリ位の小さな花。

ムラサキケマン
murasakikemanDSCN4955.jpg
黄色い花の『キケマン』も宿のまわりで所々に咲いています。

今日は塩川を渡る橋から旅館まで続くアプローチの両脇にある
女将さんが大切に管理をしている花壇の中に、一輪だけですが
クリンソウが咲きはじめているのを発見しました。

ゴールデンウィーク中は仕事に追われ周辺を見渡す余裕など
微塵もありませんでしたが、ふぅ~と10日間も経過すると
こんなにも山の様子や野に咲く花たちが変化するものなんで
すね。

今現在。
アクセス道となる小渋ダム沿い~鹿塩の谷は新緑の一番良い時期
かも知れません。

雨が降り、お天気が悪いと『折角来たのに雨じゃあねー』と
お客様がお嘆きになられます。

そんなとき、私は透かさず『雨霞がかかる谷の新緑は最高!!』
『今日は綺麗な新緑が観られますのでお帰りの道沿いをお楽しみ
くださいね!』といった会話になります。

これは天気が悪く気の毒なお客様を敬う為の言葉と勘違いされがち
なのですが、私の正直な気持ちでご説明やご案内をさせていただいて
おります。

『大鹿村で山の景色が一番良いのは何時?』と聞かれることもしばしば。
大抵は村人は秋の紅葉がいいですね~と言うのかも知れませんが、
私は間違いなく初夏の新緑の時期です!と言い切るほど、深い大鹿の谷が
清々しい淡黄緑色(こんな色あるのかな?)の若葉で埋め尽くされる
この時期の風景が大好きです。

それはまるで淡色で描かれる水墨画の世界。
言葉では表しきれないほどの美しさです。

今年はまだまだ陽射しが強くなりませんので、もう暫くは新緑を楽しめそうですね。

▲このページの上へ

お山の中ブログ