長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > お山の中ブログ > オシドリとブッポウソウと雨

お山の中ブログ

オシドリとブッポウソウと雨 10.5. 7

早朝 雲行きがあやしい・・・と思っていたら
天気予報通り雨降りとなりました。どしゃぶりです。

そんな中、仕入と私用で出かけたのですが
大鹿村(鹿塩温泉)と松川ICを結ぶ県道59号線<通称小渋線>の、とある大きな赤い橋。
運転中の若旦那に異変が!!橋を渡り終えたと思ったらUターン。

「なんだか不思議な鳥が見えた」と言うのです。
こうなると、別の意味で『鳥目』ですね。

「左側...見ててよー」と言うので、
見るとそこには!!
橋の上になんと『オシドリ』がいるではないですか!!

「綺麗だなー。
 本当はブッポウソウが来てるかと気になって外を見ていたんだけどオシドリだったか」
と言いながら運転する若旦那。
橋を渡ったら進行方向を元に戻す為、またUターンしなくてはなりません。

『ブッポウソウねぇ...』そう思いながらブッポウソウが決まってとまる場所を見ると、
「いるよ!ブッポウソウ。いつもの場所、見て。」
特徴あるクチバシの色と見慣れた大きさそしていつもの場所、私でも見つけられます。
「あ、本当だ。いつもよりここに来るのが早いなぁ」そう言いながらブッポウソウの姿を確認する若旦那。鳥が渡り歩く季節にズレが出てきていることが少々気になるようです。

数日前、ここでアオバズクも見たばかり。
少し進むと、山の藤の花が見事に咲き始め、ツツジやウツギの花も新緑の中に色を添えています。雨が降ると、色がしっとりとして山の景色がさらに情緒を感じさせます。

用事も済み、山塩館へ戻り、通常業務...。そのうちに雨が上がりました。
今度は女将(母)が、窓の外を見て「虹でも出そうな感じ」と言うので
慌ててデシタルカメラを持ち出し玄関の外へ出てみました。

残念ながら虹は見えませんでしたが、こんな雲の空を見ることが出来ました。
yuuhiDSC05596.jpg
雲と光と影。実物の方が数段素晴らしい空です。
当たり前ですが、見たそのままの色や風景を写すのは難しいですね。

yuuhiDSC05587.jpg
そして、こちらは夕暮れを撮りました。若旦那が、日が暮れるさまが伝わる!
と珍しく誉めてくれましたので、載せてみました(笑)


▲このページの上へ

お山の中ブログ