長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > お山の中ブログ > 自然の中で過ごす時間

お山の中ブログ

自然の中で過ごす時間 10.5. 6

今年のゴールデンウィークは毎日お天気に恵まれ、皆さんそれぞれのお時間を過ごされたとと思います。当館も、本日は休館とさせて頂きそれぞれの休日を過ごしております。

ですが、お電話やご来館の方もあるので私と若旦那は鯉のぼりや兜の片付けをしながら留守番中。これを読んで え?二人にはお休みはないの??と私共の心配して下さった皆様(笑)有難うございます。今日は子供達も登校日ですので・・・私達は昨日の昼より半日お休みを頂き、親子で過ごさせて頂きました。家族と湯元山塩館スタッフの皆に感謝!です。

さて昨日の1シーン、私達家族の・・・秘密のパワースポット(笑)でちょっと休憩。
  sanzyuuDSC05569.jpg    sanzyuusiDSC05566.jpg
背丈以上のススキを発見、そのうちにススキのロケット遊びとなり
最終的にはススキの剣でこの通り\(^^)
「三銃士だ」と長男がその姿を携帯で撮っています。
ここは、分杭峠と鹿塩温泉の間にある某地区。若旦那曰く、ここはまだ(たぶん)誰も知らないであろう「気」を感じる場所。人によってはピリピリと手や指先に何かを感じる・・秘密の場所なのです。パワーを感じる感じないは別として、ほんの数分でしたが元気を補給し、出発。

そして、さらに移動中に話題の場所を通過。鹿塩温泉から伊那市高遠へ向う途中、長谷と大鹿村の境にあるあの場所です。通過するとき「混んでいるんだか混んでいないんだかわからないね~」と車の中で話をしながら、警備員さんが交通整備をされる静かな雰囲気の分杭峠と 山の中で目立っているカラーコーンが並ぶ道を進むこと約5分。するとそこには噂で聞いていた駐車場がありました。分杭峠へ行くシャトルバス乗り場です。写真はその一部ですが、ざっと100台程見かけたと思います。
tyuusyaDSC05572.jpg
シャトルバス利用の方が圧倒的に多い中、時間がある方(だと思われます)はリュックを背負って峠へ向って歩いて移動している姿もありました。こんなに天気が良ければ、そういう方法もあるんだなーと、60歳過ぎと思われる方々の自然までも楽しむ姿に感心しつつ、「矢立木(大鹿村)の駐車場から徒歩なら何十分位なんだろうね」とちょっとした好奇心も生まれその場を通り抜けました。

自然の中で過ごせば、心や身体への何らかの働きかけがあるのでしょう。

▲このページの上へ

お山の中ブログ