長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > お山の中ブログ > どんど焼き

お山の中ブログ

どんど焼き 10.1. 5

大鹿村の冬の風物詩、『どんど焼き』が毎年1月14日に行なわれます。


IMG_4064.jpg
竹やお正月飾り、だるまやお守り等を今年一年間健康で

無事に過ごせますように・・・・。と願いを込めて写真の様な

物(どんど焼き)に火をつけてそれぞれの方の願いを込めて燃

やして行きます。
dondo1IMG_4106.jpg
炎の勢いは凄まじく、竹が破裂する爆音と共に燃え上がります。

ある程度、落ち着いたところで『お書初め』を炎の中へ。
kakizomeIMG_4111.jpg
燃えながら天たかーく舞い上がれば、益々書の腕前が上がる

と言われており、一枚・・・そしてもう一枚と歓声を上げながら

燃やして行きます。


更に、火が置きのようになると御餅を焼きます。
motiyakiIMG_4121.jpg
どんど焼きの火で焼いたお持ちを食べると一年間『無病』で

過ごせるとされ、御餅のない方には誰と無く分けて差し上げる。

こういった風習の中にも、どこか田舎の優しさが伝って来るような

ほっとした一場面をよく目にします。

『人は火を囲む。』
okiIMG_4140.jpg
それぞれのお家の出来事や屈託の無いお話を、置きになった

火を囲み、僅か1時間半程度の時間を共にする。

地方ならではの『神事』。

村外の方でも自由に参加できるというのも、田舎の温かさ。

村人と同じように楽しむ事が出来ますので、私達には『田舎』

や『ふるさと』が無いけれど、子供に体験させてみたいとか

ご自身が田舎の風土にお触れて楽しみたい・・・・。など、

ご興味のある方は如何でしょうか?


▲このページの上へ

お山の中ブログ