長野県信州大鹿村・鹿塩温泉 湯元 山塩館は秘湯の旅館

Home > お山の中ブログ > 山塩うどん

お山の中ブログ

山塩うどん 09.12.30

地域によって大晦日やお正月の過ごし方があるように
同じ信州(長野県民は長野県全域のことを信州と呼びます)でも
土地土地・各家庭によって過ごし方が違います。

明日はお年とり。
我家では年越し蕎麦と言うよりも、年の締めくくりである「御ご馳走」を食べます。

そして今日は、
お餅を用意したり、お供えをしたり、大掃除をしたりと
明日と新しい年を迎えるための準備をしました。

そんな中、今日の夕食は・・・と考えていたら
地粉と温泉水が用意されました。温泉水はもちろん「鹿塩温泉」の源泉です。
konaIMG_9269.jpg

搗きたてのお餅は冷めたら切るだけなので、早速カメラの準備をする私(若女将)。
今日は蕎麦打ちではなく、うどん作りをする夫(若旦那)。

水まわし
mizumawasiIMG_9204.jpg

こねる
koneruIMG_9245.jpg

ヘソだし
hesoIMG_9256.jpg

これから寝かします
nekasuIMG_9264.jpg

伸ばしてます
ro-ruIMG_9285.jpg

切ります
kiruIMG_9292.jpg

ゆでました
yudeagariIMG_9298.jpg

「いただきます」

我が温泉の源泉をそのまま使ったうどんの塩加減が
これまた良い塩梅(あんばい)です。

ご馳走様!大変美味しゅうございました。
食べることが大好きな私は、どんぶり3杯頂きました。

実はこのうどん、生まれて初めて作ったとのことで
当の本人はまだまだ満足してない様子。

今日は蕎麦打ちの方法でやったから ヘソ出しとか行程が違う筈、
でもなんとなく感覚はつかんだとのことで・・・料理作りを楽しむ夫が
羨ましく思えた瞬間でした。

山塩うどんが、献立に登場する日は近い!?

▲このページの上へ

お山の中ブログ